Exhibition Blog

岳アーカイブ

2019年10月8日~15日   杣雅司展 油彩と素描

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

杣.jpg

 

『飛ぶ鳥の帰巣の精神。突抜け"心の旅"の向うに故郷がある。そこには静謐な時間が流れている』

 

この度、杣雅司(そままさし)氏による油彩と素描の展覧会を2年ぶりにお迎え致します。 

 

心の深層に訴える重厚な作品世界を是非鑑賞下さい。 

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 1570848070706.jpg

 

1570848075071.jpg

2019年9月27日~10月4日  第8回池田洋子 洋画展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

はなたち.jpg

花の優しさ、華麗さを永遠のテーマに描き続けている池田洋子氏の展覧会を開催致します。

 

きっと生活に潤いと優しさをお届け出来る華やかな作品に出会えることでしょう。

 

今回もお洒落にフレームアップされた小品油絵作品を中心に多数出品いたします。

 

皆様のご来廊をお待ちしております!

 

 はなたち3.jpg

 

はなたち4.jpg

2019年9月18日~9月25日  原田武真油絵展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

はらだせんせ.jpg

硝子のひとみが、風の詩をうたう
詩人 橋本 丈

 

この度、隔年ごとに行われます原田武真氏の油絵展を開催いたします。

 

 

誠実なるまなざしと静謐なひとときをご高覧くださいませ。

 

 line_1568952350229.jpg

 

line_1568952491117.jpg

2019年9月1日~9月4日   京の絞り職人展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

絞り2.jpg

〜絞り一筋80年 今、絞りがブームに!〜

 

日本最古の染色とされる日本の『絞り』。

 

その伝統工芸の卓越した技術こそ世界遺産となる日の実現に精進される吉岡さん。

 

4日間のみの展示をぜひご高覧ください。

国立を中心に活動している「くにたち一芸塾クラブ」写真展を開催致します。

第13回目となる今回は「水」がテーマの作品となります。

会員による一年間の集大成をご覧下さいませ。

 

出展者:北島弘久・横坂泰介・宮部明・福原昭夫・久保百合子・堀内宗美・中尾美晴・大江洋子

2019年7月8日~7月15日  草野啓利 宙吹きガラス展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

kusanosensei.jpg夏に相応しい吹きガラス作家、草野啓利氏の展覧会を開催致します。

 

ワイングラス、タンブラーなどのガラス食器をはじめとして、

 

花瓶、キャンドルスタンドなどの生活を彩るあらゆる調度品を

 

ガラス作品として表現されています。

 

どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

 

くさの2.jpg

くさの3.jpg


ステンド.jpg田畑広先生の創作オリジナルステンドグラスの魅力とは...

 

つきることのない創造力、たくましい挑戦力に起因することでしょう。

 

第12回目となる今回の玉手箱の中は?? 

 

独創性の溢れるデザインをお楽しみ下さい!

 

皆さまのご来廊を心よりお待ちしております。

 

古着2.jpg

ガラス.jpg

2019年6月18日~6月25日  高橋正和作陶展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

正和さん.jpg1986年1月の第1回展より今回で16回目の個展です。

 

来年は画廊岳開廊40年目の節目となりますが、

 

高橋正和先生との出会いから33年の歳月が流れ、

 

共に歩んで参ったような気が致します。

 

感謝をこめて16回展をご案内申し上げます。

 

正和-1.jpg正和0.jpg

2019年5月28日~6月5日  小林裕児個展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

小林1.jpg

この度、18年ぶりに小林裕児先生をお迎え致しました。

 

「森と家族の物語」から「帰去来」の物語へ

 

小林氏のファンタスティックな世界をお楽しみ下さいませ。

 line_小林.jpg

 

line_小林2.jpg

2019年5月18日~5月25日  水上勉『一休』曼荼羅 展

  • Posted on:
  • by
  • カテゴリ:

司.jpg

この度、5年ぶりに司修先生の静謐なる世界を展観致します。

 

『肉体が滅んでも魂は大きく存在しうるのです。人間が生きることの根本は、死者へ語りかけることだとぼくは心のどこかでずっと思っているんです。』


・・・先生がいつもおっしゃる言葉です。

 

どうぞご清鑑くださいませ。

 

line_1558752617982.jpg

​​ ​​